やっと、遺骨ペンダントを買った!!

去年、母の三回忌が終わり僕としては今後、法事をするつもりがないので、そのかわり妹と弟には遺骨ペンダントを買ってあげようと考えていた。

そして、やっと遺骨ペンダント専門ショップ(神奈川県横浜市)に注文をしたのが、3月末日。

商品が届いたのが、注文してから約1週間後。

商品名は「エンゼルペンダント」(^^


エンゼルペンダント_1


本来ならば、もっと早くに購入していても良さそうなものだが、結果的に母が旅立ってから3年後になってしまった。

本体価格は1個 12,900円(税込)の商品なのだけれど、文字入れもしたので、妹と弟の分も合わせて3個の合計金額は45,700円(税込)になった。

遺骨ペンダントが届いた後に妹と弟に「ペンダント届いたよメール」をしてから4日後、約1年ぶりに3人揃うことができた。


エンゼルペンダント_2

当日は、妹と弟そして2人が連れて来たゲスト達と1時間ほどワイワイガヤガヤ雑談をしてから「じゃあ、そろそろペンダントに入れてあげようか・・・」と声をかけた。

納骨の前に分骨しておいた3年ぶりに見る母の骨は、あの頃のままだった。3年経った今でも母がいなくなってしまったのが嘘のようだ。(もちろん父もだが・・・)

今回、僕がこだわったのは、妹と弟に母の遺骨を自らの手でペンダントに入れて貰うことだった。


エンゼルペンダント_3

分骨しておいた母は、ペンダントに入れるには大きすぎたので、思ったより遺骨ペンダントに納骨するのに時間がかかったけれど、それでも15分程度で納めることができた。

これで、いつも手元には母がいるような気になってもらえれば兄としては嬉しい限り。 [smile]

今思うと少し残念なのは、父の遺骨がないことかな・・・

広 告


コメント

  • はじめまして。

    はじめまして。食事療法のことを検索していましたら辿り着きました。
    今年の5月に、ガンと闘病していた母を亡くしました。未だに、前に進めなくて、民間療法や食事療法など、まだ出来ることはあったのではないかと、今更考えても仕方のないことを、考える日々です。

    わたしも管理人さんのように母との出来事をブログに残していきたいと思うのですが、なかなか。。
    遺品整理も全く出来ず…遺骨ペンダントも購入を考えています。
    あとから、ゆっくり記事を読ませていただきます。


  • Re: はじめまして。

    >>こちらこそ、はじめまして ベロンの娘さん

    コメントいただき、ありがとうございます。お母様のこと胸中お察しいたします。手に取るように「ベロンの娘さん」の心境がわかりますので、今後も当サイトで悲しみを緩和できれば幸いです。それとメッセージボードも用意してありますので、どうぞ活用していただけたらと思います。

    水が上から下に一滴一滴とこぼれ落ちるように少しづつ・・・本当に少しづつでいいので、ゆっくりとお母様と会話をしてあげてください。

    僕も遺品整理は、少しづつやっています。最初は、いっぺんにやってしまおうかと思ったのですが無理でした。現在も衣服などは感情を殺さないと捨てられません。あとは、あれから3年以上経った今でも当時、父や母と行った場所や通院していた病院の前は自然とさけてしまうので、自然と時間が経過していくのを待っています。

    どうか、お体ご自愛なさってくださいね。


  • Re: Re: はじめまして。

    >>2

    早速のお返事、ありがとうございます。
    実は今日は母の命日なので、いつも父と行っているお墓参りに行ってこようかと考えています。
    わたしは一人娘で現在23歳です。実家暮らしで母とは姉妹のように喧嘩もしていたし、一番の理解者だったので、家に帰ってテレビを見ても一人なので(母と話しながら見ているのが普通でした)本当に今寂しくて。
    管理人さんのように子供がいればまだ親孝行出来たのかなと思います。
    ちなみに、家から入院していた病院が見えるのです。目と鼻の先なので、、最期のときに呼んだ看護師さんに、どうしても聞きたいこと(今更どうしようもないことなのですが)があって。
    母が亡くなったのは自分のせいなのかなって。
    病院に行こうかと思うのですがなかなか、気持ちばかりで、踏み出す一歩が出ません。
    毎日も、ほんとにやる気というか生きる活力がないというか…前のように、いきません。
    わたしもブログがあるので、良ければ、ご覧ください。
    http://s.ameblo.jp/806family/


  • 「ベロンの娘」さん お返事ありがとうございます。

    色々感無量です。今日はお母様の月命日だったのですね。お父様も「ベロンの娘」さんも、喪失感がもの凄い時期だと思います。心にポッカリ穴があいてしまったというか、力が湧かないというか・・・。そんな心境なのではないでしょうか?僕も「自分が苦労ばかりかけたから・・・」と自分を責めていました。父のことも母のことも自分が背負っていこうと二人をなくした時にそう思いました。でも、お母様からしたら、「あんた(ベロンの娘さん)のせいじゃないよ」と言ってくれるはずですよ。しかし、ご自宅から病院が見えてしまうのは、結構ツライですね。ムリに頑張ろうとせずにしてくださいね。僕は両親の供養として、とにかくお線香をあげることをはじめました。そして、いつも決まった感謝の言葉などを言っています。「ベロンの娘」さんのブログを早速チラ見したのですが、泣きそうになってしまったので、また後でゆっくり拝見させて戴きますね。では、また。


  • はじめまして

    はじめまして

    私の母も3月に卵巣がんで亡くなりました。

    ブログ少し読ませていただきまして、たくさんの重なる部分がありました。
    同感できる。涙がとまりません。

    時間をかけて、大切に読ませていただ
    きます。またコメントさせてください。


  • Re: はじめまして

    >> ねこみかんさん はじめまして、コメント戴き誠にありがとうございます。

    たくさん たくさん お母様のために泣いてあげてくださいね。

    是非、またコメントください。

    そして少しでも、ねこみかんさんの悲しみが癒されていくことを願っております。



認証コード4742

コメントは管理者の承認後に表示されます。