「ベロンの娘」さんへ

ブログを拝見しました

お母様とは、突然のお別れだったのですね。

うちの母も「タマゴパンを食べたい」と言って、買ってきたことがあったのでタマゴパンの記事にはビックリしました。(なんとか涙をこらえました。)

あと、凄いと思ったのは、お母様が旅立ってしまった日のことを書き綴っておられたこと・・・(やはり、泣きながら書きました?)


僕は、書けなかった・・・


なので、このサイトは、その時期のことはスコーンと抜けています。覚えてはいますが、うる覚えになるくらいに時間が経過すればいいな、とも思っていて書くのもツライので書いていません。

それとブログを拝見して無責任なことかもしれませんが、やはり「ベロンの娘」さんのせいではないと思いますよ。僕も後悔することばかりで、悔やんでも悔やみ切れないことが沢山ありますが、可愛い娘が最後まで傍にいてくれたら僕なら本望です。

息子の立場からしたら、4時間位の差で僕は母を看取ることができなかったことを今でも「ごめんね」と思います。もしかしたら「最後は僕ら3人の子供達に見られたくなかったのかな~」と勝手な解釈をしています。


でも、でもですよ。

恐怖感のほうが強い場合は別ですが「ベロンの娘」さんが納得するのであれば、看護師さんに聞きに行ってもいいのではないか?とも思います。しかし、看護師さんは間違っても「あなたのでせいですよ。」とは言いませんが、もし聞くことが可能で返答が何にせよ、そのことで「ベロンの娘」さんが少しでも前に進むことができるのであればいいんじゃないかな・・・と。

当時の看護師さんが、いつまでその病院にいるかわからないですしね。

もし、お気に触りましたらゴメンなさい。


あと、僕も今でも「会いたいよ~」って思います。ドラマやアニメなどを観ていて当時を思い出すようなシーンがあると、そのスイッチが入って号泣してしまいます。(><)

両親が亡くなった時や葬儀などでは、いっさい涙は出なかったのに不思議です。

スピリチュアル系は、まったく信じていませんが幽霊でもパラレルワールドでも何でもいいから出てきてほしいです。^^

では、勝手に書いてしまいましたが、又ご縁がありますことを・・・

そして、少しでも「ベロンの娘」さんの悲しみが和らぐことを願っています。


追伸

アメブロのアカウントでコメントをしようと思いましたが、ややこしくなるので、こちらにメッセージを残すことにしました。


コメント


認証コード8729

コメントは管理者の承認後に表示されます。