結局、あの時どうしてあげればよかったのかな~

近藤誠氏の著書「医者に殺されない47の心得」を立ち読みして思ったことは、「抗癌剤の効力がきかなくなった、あのタイミングで転院させたほうが良かったのか?」

でも当時、大学病院に通院できることで「ひとまず安心」と勝手に思っていたことも事実。

今更もう遅いけど・・・


コメント


認証コード1105

コメントは管理者の承認後に表示されます。