たったひと言でいいから、ほしい言葉

「大丈夫治りますよ。」と言ってくれた医師はいなかった。

まー このひと言が言える医師なんて現実には、ほとんどいないだろう。

ましてや、末期癌の患者にはね。

淡々とデータと専門用語を並べて、心のない説明をする医師なら沢山みてきたけれど、「大丈夫ですよ、治りますよ」と言ってくれた医師は1人もいなかった。


母は13ヶ月という短い期間だったけれど、父は23年間という気の遠くなるような時間を難病と闘っていた。

それでも、1人として「大丈夫ですよ」のひと言を聞いたことはない。

「免疫学者の安保 徹さん」のような人と出会えていたら、もしかしたら・・・もしかしたら・・・父も母もまだ、元気に僕と口喧嘩ができたかもしれないと思うと、ちょっぴり切ない。

コメント


認証コード8619

コメントは管理者の承認後に表示されます。